会社と社員を守る

事業環境を取り巻くリスクを洗い出していますか

あなたの会社では恐らく社長や総務部門責任者が保険を管理しておられると思います。
でも、こんなことをやっていませんか?

1.知人や銀行に勧められたパンフレットを見て良いと思って加入した。
2.新しく自動車を購入したので、購入した際に加入した。
3.掛け金を比べてみて、一番安い共済に加入した。

何が悪いの?と理由が思いつかないあなた!
会社のリスクとコスト管理を担う責任者として失格です。
保険という金融商品は非常に複雑で、専門知識がないと思わぬ落とし穴に陥りがちなのです。

今、会社のために何が必要ですか?

金槌しか持っていなければ、すべての問題は釘に見えてくる

アメリカの心理学者、アブラハム・ハロルド・マズローの著書にある記述から。
「I suppose it is tempting, if the only tool you have is a hammer, to treat everything as if it were a nail.」

自分が持っている手段(あるいは固定概念や過去の成功体験)に固執してしまうと、解くべき課題に合わせて手段を変えることが出来ず、問題の本質を正しくとらえられなくなる、という警鐘。
社会心理学にいう「確証バイアス」の影響で自己の先入観に基づいて手段が目的化され、結論ありきの行動が引き起こされる状態です。
上述の1が先に商品を見てしまった先入観で、会社のために何が必要か全体を見ることが出来ていない状態です。

2.は使えるはずの割引を全く考慮せずに加入してしまったケース。ほんの僅かな手間で利益率を向上出来るはずだったのに何も考えられていません。

最後に3のケースは保険料の安さだけに飛びついて、全く補償内容を検討していない状態です。補償内容が同じで保険料だけが安いということは、まずありえません。
実際にクライアントから「事故があった」ということで加入している共済で保険金を請求したいとの相談を受けましたが、共済約款を確認したところ対象外ということがありました。

何が必要かをしっかり検討するためには、本当に知識のある代理店を選ぶことが必要なのです。

リスクコンサルティングをお勧めします

まずは貴社の現在の状況をヒアリングさせて頂きます。並行して現在保険契約ご加入の状況と固定資産台帳等の資料を見せて頂きます。
その上で、

■保険料割引の漏れ
■付保漏れ
■顕在化していないリスク

を検索し、洗い出し作業を行います。
さらに現在の加入内容を診断し、リスクを選別、弊社でご提案できるものがあればベストなご提案させて頂いています。

リスク 補償の対象
火災 建物、設備・什器等、商品・製品等、受託貨物
地震 建物、設備・什器等、商品・製品等、、受託貨物、代表者・役員・従業員のケガ
休業 火災、食中毒、水災
経営 年金・退職金の準備、労災事故の使用者責任、不当解雇、セクハラ・パワハラ、顧客情報流出
病気 代表者・役員・従業員
ケガ 代表者・役員・従業員、パート・アルバイト
事故 自動車事故の賠償、車両損害、工事中・工事後の事故による賠償、サービス提供中・商品販売後等の事故・賠償、食中毒、受託貨物
水災 建物、設備・什器等、商品・製品等、受託貨物

リスクの内容に応じたご提案プランの例

企業の財産を包括してご提案

貴社のニーズに合わせてオーダーメイドで設計する企業向け火災保険で、合理的な保険設計が可能です。
建物設備等の財物だけでなく、利益損失や営業継続費用、地震対策も設計に盛り込むことが出来ます。
大規模な工場や店舗を多数管理されている会社の場合には特に合理的な設計をご提案出来ます。


■特徴1:1契約で包括して補償
すべての物件を同一の補償内容、保険期間で補償するため、契約手続が簡素化、管理の煩わしさと保険契約の漏れを解消できます。
■特徴2:ニーズに応じた合理的な保険設計
補償される事故形態ごとに支払限度額・自己負担額の設定が可能です。
■特徴3:さまざまな事故による損害を補償
水災、電気的・機械的事故、破損・汚損などの事故による損害だけでなく、商品の盗難による損害まで補償できます。

地震で倒壊した場合や、火災・津波で壊れた建物は通常の保険では補償されません。
リスクが大きいのに一般的にはほとんど浸透していない法人向け地震補償もご照会ください。リスクコンサルティングの上、お引き受けるかどうかをお調べします。

役員特有の訴訟リスクに備えるプラン

株主代表訴訟をはじめ取引先や従業員からの損害賠償請求に対し、取締役や役員の個人資産を守るプランです。

株主代表訴訟の80%は中小企業。しかも親族間の争いがほとんどです。
会社票429条第1項任務懈怠責任を根拠に取引先など第三者から責任追及をされるケースや、悪意のある従業員による不正行為に対し内部統制システムの構築をしていなかったことが原因で会社に損害が発生した場合に、役員個人が責任を問われるケースも。
■セクハラパワハラ解雇問題
■従業員の不正行為
■過労死が原因の株主代表訴訟
■他の役員の監視責任・・・役員を取り巻く訴訟リスクは様々。

役員の訴訟リスクの備えをお任せ下さい。

役員退職金・事業継承・事業保障を準備するプラン

企業経営の資金ニーズに対応するプランです。

目的1:経営者死亡の場合の信用維持のための資金準備
目的2:自社株時下のコントロールと事業継承資金対策
目的3:遺族の生活保障資金
目的4:退職金財源の積み立て
目的5:取引先倒産など緊急予備資金
目的6:従業員の退職金

被保険者の死亡保障を確保しながら、多様なニーズに対応できます。
保険料は半額損金、全額損金の双方のラインナップをご用意。さらにスタンダードな円建て以外に外貨建て商品を選択頂くことも可能です。
為替リスクはありますが、一方で低金利下の国内運用との差が大きく出ます。 経営者の考えるべき財務対策についてもご相談下さい。

従業員の仕事中のケガや病気を補償するプラン

就業中のケガは労災保険の対象になります。でも、政府労災だけで良いのでしょうか?

「会社が上乗せ保険金を支払ってくれた」
その事実はケガをした従業員だけでなく、他の社員にも周知されればきっと会社の力になって帰ってきます。
従業員の満足度を上げる福利厚生プログラムの一環としてご検討下さい。

■告知は不要で従業員は無記名
■保険料は年齢・性別に関わりなく
■法人契約の保険料は全額損金

しかも病気補償付きの商品をご用意できます。

あらゆるリスクから貴社を守るプランを用意します

自動車保険、賠償責任保険、火災保険、傷害保険、運送保険、船舶保険、終身保険、定期保険、養老保険、がん保険、医療保険、・・・。

保険の種類は非常に多く、貴社のリスクマネジメントにどんな商品が最適であるのかは専門知識を持っていないと判断できません。
弊社代表は大手保険会社で20年以上の経験があり、あらゆる商品に精通しています。

この保険、どういう内容なのか分からない!そんなご質問にも答えます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

特定事業者専用の保険もお取扱しています

建設業向け事業総合賠償責任保険

建設業を取り巻くさまざまなリスクから貴社を守る保険をご用意しています。
事業遂行にかかわる賠償責任や、工事遅延損害による賠償責任、作業対象物を損壊したことによる損害賠償や借用した建設機械・器具、仮設建物・・・。

貴社が事業遂行に伴って負う法律上の損害賠償責任を包括的に補償するプランです。

■工事中に鉄材を落下させてしまって通行人にケガをさせてしまった!
■改装工事の排水管接続不備で漏水、建物を汚してしまった
■現場の爆発事故で近隣の店舗の営業を妨げ休業損失を発生させた
■事故を起こし工事中断、請負契約納期に遅れ契約書に基づき遅延損害を請求された
■タンク補修工事中に誤ってタンクを壊してしまった。
■賃借していたショベルカー操作をを誤って穴に転落、壊してしまった
■エアコン設置引渡し後に施工ミスにより発火、建物賠償のほかエアコン自体も壊してしまった。
■パソコンを盗まれ、個人情報を漏洩させてしまった

建設業の許可申請はじめ、経営事項審査等の書類作成業務もお任せ下さい。

運送事業者向け貨物賠償責任保険

運送業者が輸送を受託した貨物に損害が生じた結果、荷主や元請運送人に対して発生する損害賠償責任を補償します。

1. 貨物の損害から生じる所有者等に対する損害賠償責任を補償
2. 貨物の損害だけではなく、費用損害も充実した内容で補償
3. 貴社のニーズに合わせたオプションにより、多様な保険設計が可能

費用損害は、検査費用、損害防止費用、争訟費用等
オプションも豊富です
■運送中の偶然の事故で、第三者の身体や財物に損害を与えた場合、法律上の賠償責任を負担することによって被る損害
■輸送用具が自力走行不能となり、輸送中の貨物を輸送開始時の目的地まで輸送を継続するための費用

また、売上高方式でご契約頂いた場合には車両登録番号を特定する必要がありません。

保険に限らず、運輸局への許可・経営改善他書類作成業務もお任せ下さい。

お問い合わせ

賢い保険のかけ方や活用方法、保険料の節減の方法や選び方指南はお任せ下さい。
起こってしまったアクシデントへの対応だけでなく、事前対策についてもお答えします。 さらに、街の法律家として相続や遺言、後見人制度についてもアドバイス。
広範囲のあなたの会社と家族の困ったことに対応します。

TEL:0745-51-0980

※電話でのお問い合わせは9時より18時まで受け付けております
※出張のため事務所不在の際にはメールにてお問い合わせ下さい。

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
※お問い合わせへの返信は早急にさせていただきます。
(出張状況によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

ページの先頭へ