農地転用は難しいとあきらめていませんか

土地をもっと有効に使いたい方へ

ご自分が家族に残せる財産が自宅と農地だけだったら・・複数の法定相続人に公平に分けるのは難しいですね。
また、土地が有効活用出来ずにいて固定資産税の負担がある、
農地を売りたいが、転用は出来ないだろうとあきらめている、
お困りでしたらすぐにご相談下さい。行政書士業務であなたのお手伝いが出来るかもしれません。

相続に関するご相談も同時に承ります。

どうして農地が他の用途に使えないの?

そもそも、自己の所有地を自由に処分が出来ないのはどうかと思われますよね。 でも、「農地法」で農地や耕作者を保護するために、農地を他の用途に転用することは制限されています。

登記記録上は農地でなくても現在農地として使用している土地や、農地台帳に登録されているが減反政策で放置されたり荒れ果てている農地、一時的な資材置場・現場事務所として利用している農地も該当します。
高齢化で田んぼの農作業は難しい、後継者がいないからといって、仮に無許可で転用(宅地や駐車場に用途を変えること)すると、農地法違反となり罰則!

「転用」する際は申請して許可が必要になりますので、この申請業務を弊社にお任せ下さい。

お問い合わせ

相続対策・遺言、保険のこと、事故のこと、会社のこともご家庭の問題も、困ったらときはお気軽にご相談ください。
資産形成に有効なプランもご用意しています。

TEL:0745-51-0980

※電話でのお問い合わせは9時より18時まで受け付けております
※出張のため事務所不在の際にはメールにてお問い合わせ下さい。

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
※お問い合わせへの返信は早急にさせていただきます。
(出張状況によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

ページの先頭へ